電源開発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発について、2020年後半を目指していた安全対策工事の開始時期を2年程度延期する方向で調整していることが2日、関係者への取材で分かった。