日本スポーツ協会が青森県に求めた2025年国民スポーツ大会(現・国民体育大会)の延期協力について、県が理解を示す内容の文書を送付していたことが27日、分かった。国スポ大会準備室が明らかにした。主催者側への正式な意思表示は重く、1年の延期を受け入れ、事実上「26年国スポ」の開催を了承する形となった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。