アイデアを付箋に書き出して、模造紙に貼り付けていく参加者ら
自分たちが出し合ったアイデアをもとに若者が住みたい、活躍できるまちについて発表する参加者ら

 青森県平川市にゆかりのある若者にアイデアを出し合ってもらい、より住みやすく魅力あるまちづくりを進めようと、市は2021年度に「(仮称)平川市若者議会」を立ち上げる。本年度はその準備組織として「ワーキンググループ」を設置し、議会の仕組みづくりなどを検討していく。19日、グループメンバーが市文化センターで1回目の会合を開き、ワークショップを通して理想の平川市の将来像について考えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から