両院議員総会の会場で着席する田名部氏=19日午後、東京都内

 国民民主党は19日、両院議員総会を開き、立憲民主党との合流新党を結成する方針を決めた。これを受け、国民県連代表の田名部匡代参院議員(51)が合流新党に加わる意向を固めたことが同日、複数の関係者への取材で分かった。同党県連所属の多くの地方議員も合流新党に参加する見通し。一方、国民の両院議員総会に先立ち、立民は常任幹事会を開き、次期衆院選青森県1区の公認候補予定者に、元職の升田世喜男氏(63)を決定した。県内政界でも合流新党が非自民勢力の受け皿となり、自民党との対決構図が鮮明になる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。