ガスバーナーで熱した後、車輪の焼き嵌めを行う作業員=19日午後、平川市の弘南鉄道平賀車両基地

 弘南鉄道(本社青森県平川市)は、レールと接する車輪の外周面を削り凹凸を整える「車輪削正(さくせい)」や、自動車に例えるとタイヤをホイールにはめ込む「焼き嵌(ば)め」などの長年培った作業技術を生かし、秩父鉄道(本社埼玉県)が保有する蒸気機関車の車輪整備を本年度から行っている。弘南鉄道が他社の業務を受注するのは初めて。担当者は「今後も他社の整備を受注できれば大きな収益を見込める可能性もある」と期待を寄せる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。