かるたを手にする(左から)小湊さん、野澤さん、神幸代さん、神康子さん
完成した「こまきの縄文かるた」。絵札は4人の手書きで、色を塗って楽しむこともできる

 コロナ下、おうちで遊んで学んで-。青森市の小牧野遺跡保護センター「縄文の学び舎(や)・小牧野館」が、手作りの「こまきの縄文かるた」を完成させた。環状列石で知られる同遺跡や、世界文化遺産登録を目指す「縄文」を深く知ることができる内容。15日から同遺跡ホームページで公開し、無料でダウンロードできる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。