ミニやぐらの周りで思い思いに踊りを楽しむ市民ら

 新型コロナウイルスの影響で中止となった「黒石よされ」の雰囲気を感じてもらおうと、青森県黒石市中町の観光交流施設「松の湯交流館」駐車場で13日、ミニやぐらを囲んで踊る「廻(まわ)り踊り」が始まった。同日は市民らが「エッチャホー」などのにぎやかな掛け声とともに、思い思いに踊りを楽しんだ。催しは20日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から