死者の霊を慰めるお盆の風物詩「墓獅子」。幕で顔を覆って涙を拭うしぐさを見せる=14日午後1時ごろ、八戸市鮫町の浮木寺墓地

 青森県八戸市鮫地区に江戸時代から伝わるお盆の風物詩「墓獅子」が14日、同市鮫町の浮木寺(ふぼくじ)墓地で行われた。哀愁を帯びた掛け歌が響く中、墓参りに訪れた人々は獅子の悲しみをたたえた舞に気持ちを重ね、静かに手を合わせていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。