調査開始を前に測量が行われていた現場。奥に見えるのが廃自動車=11日、六戸町犬落瀬堀切沢

 青森県おいらせ町と三沢市、六戸町の複数の土地で最長20年以上にわたり大量の廃自動車などが野積み、放置されている問題で、県は13日、現場の詳細状況調査を12日から始めたことを明らかにした。今年12月ごろまで、放置現場の範囲や廃自動車の保管状況と台数を把握する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から