マスク姿で先祖の墓に手を合わせる家族連れ=13日午前、弘前市

 盆の入りの13日、青森県内各地の寺院や霊園では家族連れらが墓参りに訪れた。33の寺院が並ぶ弘前市西茂森の禅林街では、真夏の日差しの下、マスク姿の人が目立った。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、訪れた人からは「今年の墓参りは近くに住む親戚だけで」「例年よりは人出が少ない」との声が聞かれた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から