青森県は12日、2019年産県産リンゴの7月の流通実績を発表した。首都圏など県外主要5消費地市場の1キロ当たり平均価格は、平年比52%(237円)高の694円だった。7月の価格としては平成以降で最も高かった。果物全体で入荷量が少なく高値傾向となる中、県産リンゴは食味が良好だとして引き合いが強く、大幅な高値となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から