中型イカ釣り船による八戸港への今期の船凍アカイカ春夏漁で、1航海目に出漁した32隻のうち31隻が12日までに水揚げを終えた。同日時点で水揚げ数量は3663トンで、昨年の1航海目と同程度と好調に推移している。一方で、金額は14億1797万円(前年比23%減)、1キロ当たりの平均単価は387円(同23%減)と過去5年で最低。関係者は「これ以上単価が下がれば、漁師にとっては苦しい」と危機感を示している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から