運転者に弁当などを手渡す調理クラブの部員(右)
百石高生レストランで提供する「結弁当」

 百石高校(中村豊校長)の食物調理科の調理クラブが運営する高校生レストラン「キッチンいちょうの森」が9日、青森県おいらせ町の同校でプレオープンした。今年は持ち帰り弁当に初挑戦。玄関前で部員の家族や関係者を対象にドライブスルー形式で販売し、元気よく練習の成果を披露した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から