生徒107人が暮らす八戸学院光星高校野球部の学生寮=11日、八戸市美保野

 島根県松江市の私立立正大淞南高校で、寮生活のサッカー部員を中心に新型コロナウイルスの91人のクラスター(感染者集団)が発生したことは、青森県内の寮がある高校の関係者にも大きな衝撃を与えた。各校とも既に検温や消毒などの各種対策を講じているが、関係者らは11日の取材に「今まで以上に徹底していかなければ」などと、強い警戒感をにじませた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から