青森県「攻めの農林水産業」推進本部は11日、2020年産県産リンゴの予想収穫量(8月1日現在)について、19年産の実績を10%上回る45万1100トンと発表した。過去15年間(05~19年)の平均収穫量実績44万560トンをやや上回る見通し。県りんご果樹課によると、高温・干ばつの影響で小玉傾向となった昨年に比べ、今年は適度な降雨があったため果実肥大は順調。平年並みの収穫量を確保できる見込みという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から