解剖された巨大なアメリカオオアカイカを見て生態を学ぶ子どもたち

 八戸市水産科学館マリエントは10日、「八戸イカの日」を記念したイベントを開き、「巨大イカの解剖ショー」を行った。子どもたちは巨大イカに触れたり、長さを測ったりして、身近なイカの生態を学んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。