住民の憩いのスペースとして、空き店舗を利用して開店した「街ながの店 かどっこ」

 青森県五所川原市金木町の観光物産館「マディニー」が新型コロナウイルスなどの影響で休館状態になっていることを受け、地元の地域おこし団体が、近くの空き店舗を活用したショップ「街ながの店 かどっこ」をオープンした。マディニーが担ってきた土産物販売だけでなく、「地域住民が気軽に立ち寄れるスペースにしたい」と関係者は期待を寄せている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から