葛西教育長(左)らに縄文風マスクを寄贈した乗田さん(左から2人目)と三橋さん(同3人目)

 青森県つがる市の木造高校流通ビジネス系列3年生の乗田瑞希さんと三橋美優さんが、世界文化遺産登録を目指す地元の縄文遺跡をイメージした「縄文風マスク」を手作りし、6日、同市教育委員会や縄文遺跡ボランティアガイドらに計26枚寄贈した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から