土器の形づくりや模様付けに熱中する親子連れ

 青森市の小牧野遺跡保存活用協議会は10日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つとして世界文化遺産登録を目指している同遺跡や、縄文時代について学ぶイベント「こまきの縄文アカデミア」を開いた。市内の家族連れ8組19人が参加し、さまざまな体験プログラムを通じて縄文に親しんだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から