船の上でヒラツメガニを網から外す漁師=10日午前4時すぎ、八戸市湊町
8月に入り水揚げが本格化してきたヒラツメガニ=10日午前6時45分ごろ、八戸港第3魚市場C棟

 八戸港で、ヒラツメガニ(通称・ヒラガニ)の水揚げが本格化してきた。お盆の時期、青森県八戸市内の家庭では塩ゆでしたヒラガニが食卓に並ぶのが一般的で、夏の味覚の登場にハマは活気づいている。一方で近年、需要期を過ぎた冬にも網に掛かることが多く、地元漁師たちは漁期の変化に頭を悩ませている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。