国の新型コロナウイルス経済対策で国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」に関し、青森県内の多くの市町村で申請期限が迫っている。東奥日報が全40市町村に聞き取ったところ、既に申請を締め切った自治体を含め、未申請は計5497世帯(3日時点)に上っている。中には申請用紙を送ったが宛先不明で返送されてきたり連絡が取れないといったケースも多いが、各自治体は申請漏れのないよう、最後の周知に力を入れている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。