【鶴岡東-青森山田】14奪三振の力投を見せながらも敗れた青森山田の小牟田=石巻市民球場
7回表、鶴岡東2死一塁、山路(奥)に2点本塁打を打たれ、悔しい表情を見せる青森山田の小牟田
8回裏、青森山田2死一、三塁、高松の右前適時打で1点を返す
1回戦で鶴岡東(手前)に敗れ、ベンチ前に整列する青森山田ナイン

 東北各県の独自大会を制した6校で開催される「東北地区高校野球大会」は9日、宮城県石巻市で開幕した。硬式の部で青森県代表として出場した青森山田は1回戦で鶴岡東(山形)と対戦。先発の主戦小牟田龍宝(りゅうほう)が毎回の14三振を奪う力投を見せたものの打線の援護を受けられず、1-4で敗れ初戦で姿を消した。1回戦残り1試合の仙台育英(宮城)-一関学院(岩手)は降雨ノーゲームとなり、10日に順延となった。軟式の部は1回戦2試合とも降雨のため順延となった。青森県代表の五所一は11日、準決勝で平工(福島)-専大北上(岩手)の勝者と戦う。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。