プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は9日、20代の審判員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1軍戦の経験はないという。審判員の感染は初めて。

 NPBによると、1日に知人が別の感染者の濃厚接触者と判定されたため、2日から試合を外れ自宅待機していた。3日に微熱やせき、喉の痛みなどの症状が出て、7日にPCR検査を受け陽性となった。

 NPBは本人が匿名を希望しているとして氏名や知人との具体的な接点を明らかにしていない。知人も感染が判明した。

 感染者と同じクルーで活動していた審判員2人が自宅待機中だが、既にPCR検査で陰性が出ているという。

(共同通信社)