被爆から75年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の灯火台にともされた「長崎を最後の被爆地とする誓いの火」。1983年にギリシャのオリンピアで採火され贈られた「聖火」は、核兵器廃絶を訴え毎月9日にともされている
ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から