先輩のねぶたを修復する青森工業高ねぶた部の部員たち

 青森市の青森工業高校ねぶた部の部員がこの夏、同市の温泉施設「青森まちなかおんせん」で、展示中の1台のねぶたの修復に取り組んでいる。ねぶたは2009年に当時の部員が制作し、青森ねぶた祭で運行されたもの。修復を依頼した施設側は「祭りを中止に追い込んだ新型コロナウイルスからの復興を掲げ、みんなに元気を与えるねぶたになれば」と思い描く。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。