整備が進む外ケ浜町の大平山元遺跡をガイドする高校生(左)

 世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する大平山元遺跡(青森県外ケ浜町)で2日、県内の高校生がガイド活動を体験した。約20人は地域の歴史を伝える楽しさや縄文の奥深さを実感した様子だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から