原爆の被害と平和への願いを伝える「原爆と人間」展=八戸市の「はっち」

 青森県八戸市三日町の八戸ポータルミュージアムはっちで9日まで「ヒロシマ・ナガサキ『原爆と人間』展」(八戸原水爆禁止の会など主催)が開かれている。75年前に広島市と長崎市に原爆が投下されたことによる被害の悲惨さと平和への強い願いを訴える写真や絵など30点を展示している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から