会見で陳謝する(右から)橋本副村長、戸田村長、尾ケ瀬一成福祉課長

 2018年4月~20年3月に青森県六ケ所村福祉課に在籍していた職員が日赤県支部六ケ所村分区、村赤十字奉仕団、村戦没者遺族会の会費や活動費計122万2977円を横領していた問題で、戸田衛村長は7日、村役場で会見を開き陳謝。村は、この職員が18年11月から横領を繰り返しており、人事異動で担当を離れた後の今年6月にも遺族会から横領していたと明らかにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から