八戸駅に設けた検温コーナーで、新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛ける八戸市職員ら=7日午前

 お盆に向けた新型コロナウイルス感染症対策として、青森県八戸市は7日、八戸駅に体温を測定・表示できるサーマルカメラとモニターを設置した。感染予防の意識啓発が目的。帰省客らに利用してもらい、体調管理へ注意を喚起していく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から