三村知事(右端)に陳情書を手渡す種市会長

 米軍三沢基地周辺の青森県三沢市内51町内会で構成する「三沢基地周辺町内連合会」の種市光雄会長らが7日、県庁を訪れ、騒音や事故防止対策強化を国などに求める陳情書を三村申吾知事に手渡した。例年の要望事項に加え、航空自衛隊が三沢基地に進めるF35A戦闘機配備を巡り一定期間の騒音測定を求める項目を盛り込んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から