階上町役場の正面玄関に設置された検温用タブレット端末

 青森県階上町は、新型コロナウイルス感染予防対策として、町内の4公共施設(町役場、ハートフルプラザ・はしかみ、石鉢ふれあい交流館、道仏公民館)と全8小中学校に、検温ができるタブレット端末計15台を導入した。町役場は7日から、他の公共施設では8日から運用を開始。小中8校は夏休み明け以降に利用を始める予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から