JR東京駅で新幹線に乗り込む子ども連れの乗客=8日午前
お盆休みの各交通機関の状況

 お盆休みの帰省シーズンに入った。8日は例年なら各交通機関の下り線が最も混み合う最初の土曜。政府は観光支援事業「Go To トラベル」で旅行需要の喚起を図るが、新型コロナウイルスの感染拡大で、自治体からは移動自粛要請が相次いでおり、静かなスタートになった。

 8日朝の東京駅の新幹線ホームに大きな混雑はなく、待合室には空席も。JR東日本はクリーンな環境で過ごしてもらうため、除菌シートを無料配布した。

 千葉県船橋市の会社員(38)は長野県上田市へ中古車を受け取りに向かう。「用事が済んだらどこにも寄らずに戻る。今年は自宅の近くでおとなしく過ごすしかない」と話した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む