設計・施工したトキワ荘マンガミュージアムの正面に立つ佐藤さん。建物は解体前のトキワ荘を忠実に復元した
トキワ荘に住んでいた漫画家・水野英子さんの部屋を再現。窓の木枠は材木から削り出した

 手塚治虫さんら多くの漫画家が住み「漫画の聖地」とされた東京都豊島区のアパート「トキワ荘」を復元し7月に開館した「トキワ荘マンガミュージアム」。工事責任者を務めたのが渡邊建設(同区)工事部副工事長で青森県弘前市出身の佐藤尚之さん(45)だ。トキワ荘に暮らした漫画家たちが力作を投稿した雑誌「漫画少年」を創刊、編集長でもあった故加藤謙一は同郷。同社工事部次長の木村勝彦さん(69)=藤崎町出身=は「加藤さんは旧制弘前中(現弘前高)卒で私の先輩」。佐藤さんと木村さんは故郷でつながる不思議な縁を感じている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から