青森市は7日、3日に建造物侵入容疑で逮捕された財政課主事の男性容疑者(35)と、5日に傷害容疑で逮捕された清掃管理課主査の男性容疑者(48)をそれぞれ懲戒免職にした。刑罰の有無が決まる前に処分を下したことについて、市人事課は「いずれも犯罪行為を認めており、情状酌量の余地はない」と説明している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。