感染防止策を徹底して実験に臨む学生

 新型コロナウイルス感染防止のため5月からオンライン授業を実施してきた弘前大学は、7日から始まった夏季集中講義で対面授業を再開した。講義室の定員を半分にし、窓を開けて換気するなど、細心の注意を払いながら講義や実験を進めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から