GARUTSUが西目屋村の道の駅内で醸造した山ブドウの赤ワイン「black bear」

 青森県弘前市で醸造業などを営む「GARUTSU(ガルツ)」は8日、西目屋村の「道の駅 津軽白神」内にある「白神ワイナリー」で醸造した山ブドウの赤ワイン「black bear(ブラックベアー)」を発売する。昨年稼働させた同ワイナリーで完成した初のワインで、「KAMUY(カムイ)」と名付けたブランドの第1弾として売り出す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から