県産酒造好適米「吟烏帽子」を使って醸造された清酒

 青森県産業技術センター農林総合研究所(黒石市)が開発し、2018年に県認定品種に指定された県産酒造好適米の新品種「吟烏帽子(ぎんえぼし)」を使った清酒が完成し、7日、酒造会社の代表者らが県庁を訪れ三村申吾知事に報告した。既に販売が始まっている商品もあるが、一部は今後の発売を控えており、各社の代表者は「飲み比べてそれぞれの味を楽しんで」とアピールした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。