青森県弘前市は新型コロナウイルス対策の一環として、国の特別定額給付金の対象とならなかった新生児に10万円の応援金を給付する。対象は4月28日から来年4月1日までに生まれ、同市に住民登録した子。これに加え、来年4月2日以降に出産を予定している妊婦には県産米10キロを配り、健やかな出産と育児ができるよう支援する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から