涼しい風が吹くグダリ沼で、徐々にからだの色が赤みを増してきたアキアカネ=6日午後、青森市田代平付近

 きょう7日は二十四節気の一つ立秋。暦の上では秋だが、6日の青森県内は南から暖かい空気が吹き込んだ影響で、各地の最高気温は、23観測地点のうち標高の高い酸ケ湯を除いて25度以上と蒸し暑かった。弘前市は30.4度と6日連続真夏日を記録した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。