抗原検査用に南部町医療センターが敷地内に設置した3棟のプレハブ。手前左から病室、検査室、医療従事者の待機室

 青森県南部町医療センター(千葉茂夫院長)は、新型コロナウイルス感染をPCR検査より短い30~40分で調べられる「抗原検査」を始める。5日に予約の受け付けを開始したところ9人(いずれも首都圏在住)の申し込みがあった。7日から検査をスタートする。当面は1日5人を上限とし、徐々に増やす方針。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から