水源にすむ生き物を西小の児童に見せる竹島さん(左)=2014年7月14日(名水協提供)
市民活動賞の受賞を小山田市長に伝える米田さん(右)=7月27日、十和田市役所

 「水こそ命、全ての原点」。6月15日に病気で亡くなった青森県十和田市議・竹島勝昭さん=享年76=は、32年間にわたり十和田市名水保全対策協議会(名水協)の会長を務め、水環境の保全に半生をささげた。6月下旬には名水協が「日本水大賞」(国土交通省など主催)の市民活動賞を受賞。竹島さんが残した功績はひときわ大きな花を咲かせた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から