弘前市民会館の大ホール。紙が貼ってある席は使用できない

 青森県弘前市は8月から来年3月末まで、市内の5文化施設のホール、展示室、会議室などの使用料を7割程度減額している。新型コロナウイルス感染予防のため、各施設はホール入場者の上限を定員の3割ほどに抑えており、十分な入場料収入が得られない催事主催者側に配慮した。市は「ウイルス対策をとった上で、積極的に施設を利用してほしい」としている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から