国内特定地域への移動許可を求めるための医学部の申請書

 弘前大学医学部は、新型コロナウイルス感染防止のため、感染者が多い東京、北海道、沖縄県などの特定地域(12都道府県)への学生の移動を許可制にした。観光やレジャーなど不要不急の移動は認めない。大学側は夏季休業中、帰省や就職活動で学生の移動が増えるとみており、感染防止の注意喚起を強化。「患者の命を守る医療現場が機能不全に陥ることは防がなければならない」と、協力を呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から