ポビドンヨード入りうがい薬が品切れとなり、張り紙をした薬局。再入荷の見通しが立たないため、棚には既に別の商品を置いている=4日午後、青森市緑のライフステーションオキダテ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府の吉村洋文知事と松井一郎大阪市長が市販のうがい薬を示して発熱症状のある人らにうがいを呼び掛け、全国の店頭から商品が消える事態となっている。青森県でもドラッグストアや薬局で品切れが相次ぎ、入荷の見通しが立たない状態となっており、関係者がやきもきしている。医師の処方でうがい薬を服用する人もおり、必要な人に行き渡らなくなるのでは-と懸念する声もある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。