記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=5日午後、広島市

 立憲民主党の枝野幸男代表は5日、国民民主党との合流協議を巡り、国民の玉木雄一郎代表が提起した党首会談の開催に否定的な考えを示した。広島市で記者団に「わが党は福山哲郎幹事長に(協議を)全権委任している」と述べた。両代表の見解の違いがまた浮き彫りになった。

 玉木氏は4日、福山氏と国民の平野博文両幹事長による協議が、新党名を巡る意見対立で停滞していると指摘。「代表同士が話し合うしか打開の道はない」として、枝野氏に党首会談を呼び掛ける考えを表明していた。

 枝野氏は、協議状況についても「幹事長を信頼して任せている。いちいち細かい報告を求めていない」と明言した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む