浴衣姿で接客する青い森信金廿三日町支店の職員たち=4日、八戸市

 新型コロナウイルスの影響で各地の祭りが中止や縮小となっている中、青い森信金(本部青森県八戸市)は「祭りの雰囲気を少しでも味わってもらい、地域を元気にしたい」(同信金人事部)と、県内各店舗で職員が浴衣姿や祭りはんてんなどで接客する取り組みを行っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から