市医師会の活動を振り返る今村医師

 弘前市医師会長を2期4年務め、6月に退任した今村憲市医師(74)の特別記念講演会「全力投球~医師会活動22年」が7月31日、青森県弘前市のホテルニューキャッスルで開かれた。今村医師は、糖尿病性腎症重症化予防や在宅医療の充実などに力を注いできた歩みを振り返り、今後も市民の健康を守るため、啓発活動を続けていく意欲を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から