「幻の県道」に6年前に建てた標柱は、何本もクマに壊されていた

 青森県黒石市六郷地区の住民組織・六郷地区振興協議会(鎌田誠二会長)は7月29日、地元の同市高舘と、八甲田に近い沖揚平地区を結ぶ山間部の未舗装路「幻の県道」の整備作業を行った。昨年まで33回開いてきた「幻の県道ハイキング」(6月)は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今後の開催に向けルートの維持・整備に励んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。