小型ねぶたを運行する誠和會のメンバー

 青森県五所川原市のねぶた制作・運行団体「誠和會」が4日、同市内で小型ねぶたを自主運行した。新型コロナウイルスの影響で五所川原立佞武多(たちねぷた)祭りが中止となったことを受けて企画。はやし方や引き手計約20人が約1キロを練り歩き、祭りの雰囲気を演出した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。