ベッドに腰掛けた状態からの立ち上がりや移動を支援する介護ロボを体験する学生。相談窓口には実際に機器を体験できる展示コーナーがあり、介護施設への貸し出しも行う
体験コーナーには排せつ支援機能のついたトイレも。ボタン操作により排せつ物が自動でポリ袋に密閉される

 介護の人材不足が深刻な課題となる中、介護現場のロボット導入を支援する相談窓口が3日、青森市の県民福祉プラザに開設された。介護ロボの普及を目指す厚生労働省の事業の一環。県社会福祉協議会が全国11カ所の地域拠点の一つに指定され、相談窓口を運営する。担当エリアは青森県と秋田県で、ロボットの導入を検討している介護施設や介護ロボットの開発を進めている企業からの相談に応じる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から